MENU

血糖値を下げる方法について!(食べ物・薬・お茶・サプリ)おすすめは

血糖値を下げる方法についてです!
食べ物・薬・お茶・サプリ・飲み物などおすすめを紹介しています
血糖値を下げる
血糖値が上がりすぎてしまうと様々な病気の原因ともなってしまいますので、
血糖値を下げることが必要となってきます。

 

重症化すると薬を服用することにもなってしまいますが、
食べ物や飲み物でも血糖値を下げていくことができるのはご存知でしょうか?

 

そこで、血糖値を下げる効果が期待できる食べ物や飲み物について紹介していきます

 

血糖値を安定させるためには、食事を見直していくことが重要とされていますが、
どんな食べ物に下げる効果があるのでしょうか。
血糖値を下げる

血糖値を下げる食べ物として

玉ねぎや緑黄色野菜、きのこやアロエ、レモンや寒天、こんにゃくや海藻類などが挙げられます。
サツマイモやジャガイモなどのイモ類を除けば、野菜は、ほぼ下げる効果が期待できるとされています。

 

血糖値を下げる

また、血糖値を下げるインスリンの働きを良くする食べ物としては、

アサリやカキなどの魚介類やナッツ類、青魚などが良いとされています。

 

これらの食べ物にはビタミンB3やビタミンB6、マンガンなどが含まれており、
インスリンの働きを活発にさせるため、結果的に血糖値を下げることにつながるとされています。

 

 

ちなみに血糖値を下げる食べ物↓

 

野菜類 玉ねぎ、アロエ、緑黄色野菜(白菜・ほうれん草・キャベツ・ブロッコリーなど)、きのこ、レモンなど
調味料 お酢、オリーブオイルなど
大豆製品 納豆、豆腐、あげ、豆乳など

 

 

血糖値を下げるレシピ

 

さわらのガーリックソテーのレシピ

 

香味野菜と香辛料を効かせた香ばしい1品。
さわらには動脈硬化の予防に役立つEPA、脳の活性に役立つDHAが含まれます。

 

エネルギー 187kcal
たんぱく質 17.2g
脂質 10.8g
炭水化物 3.3g
コレステロール 48mg
食塩相当量 0.7g
食物繊維 0.7g
カリウム 519mg

 

 

ほうれん草とトマトのツナドレッシングのレシピ

 

緑黄色野菜たっぷりのサラダ。高い抗酸化作用をもつビタミンACEがしっかり摂れます。

 

エネルギー52kcal
たんぱく質4.1g
脂質2.6g
水化物4.0g
コレステロール5mg
食塩相当量0.5g
食物繊維1.5g
カリウム398mg

 

また後日、血糖値を下げるレシピについては
詳しく書いていこうと思います

 

 

では、血糖値を下げる飲み物についてはどんなものがあるのでしょうか?

 

血糖値を下げる

ゴーヤ茶やグアバ茶、ウーロン茶や日本茶、トマトジュースや野菜ジュースなどには

血糖値を下げる効果のある成分が含まれており、
特に野菜ジュースにはクエン酸や食物繊維も含まれているので血糖値の上昇を抑制するとされています。

 

 

また最近ではコーヒーが血糖値を下げる効果があるという研究結果が出ています
何となくカフェインなどのイメージから、体に良くない飲み物と思われている人が
多いのがコーヒーだと思います

コーヒーのイメージ画像です

はっきりしていない点も残されていますが、
コーヒーに含まれている「クロロゲン酸類」が糖の代謝に影響し、
血糖値を下げるのではないかと言われています

 

フィンランド国立公衆衛生研究所の調査によると、
コーヒーを1日3〜4杯飲むと糖尿病の確率が女性29%、男性27%減少
さらに1日10杯以上飲むと女性79%、男性55%減少という結果が出ています

 

他にもオーストラリアや日本でも血糖値を下げる効果があるという検証データが出ています

 

もちろん、食事や飲み物だけに気を遣うのではなく、適度な運動を心がけることも血糖値を下げるのに
大切なことですので、日頃の生活の中で意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ただ毎日、食べ物や飲み物に注意するのは、しんどいですし面倒ですよね?
なので食べ物や飲み物を意識する、さらにプラスで
おすすめは血糖値を下げるサプリを飲むことです!

 

サプリなら副作用もありませんし、食事に毎日気を使うことを考えれば
1日100円程度で済むなら、本当に便利ですよね!

 

当サイトでは血糖値を下げるおすすめのサプリを厳選ピックアップしましたので
参考にして下さい

 

 

血糖値を下げる食べ方のコツとは?

血糖値を下げる食べ方とはどんな食べ方でしょうか?
どうせ緑黄色野菜や海藻類など、血糖値を下げる食べ物を摂るなら、
できるだけよい食べ方をして効果をあげたいですね。
血糖値を下げる食べ方

 

血糖値を下げる食べ方として、まず基本となっているのは、食べるスピードです。
早食いは健康に良くないといわれますが、やっぱりいろいろな悪い影響があるようです。。。

 

噛まずに飲み込む感じの食べ方は、逆に血糖値を上昇させる危険があります。
また満腹中枢が刺激する前にどんどんと体内に食べ物をいれる食べ方なので、
まだまだお腹がいっぱいにならないと勘違いをしてしまい、
過食につながってしまう可能性も高いです。

 

血糖値を下げる食べ方を意識するなら、一度の食事に最低20分〜30分はかけて
ゆっくりと食べるのが良いですね。(満腹中枢は食べ初めて15分程度で刺激されはじめるといわれています。)

 

次に血糖値を下げる食べ方として意識したいのは、食べる順番です。
先に食べがちなご飯やパンなど、炭水化物は血糖値を急上昇させてしまいます。
血糖値を下げる食べ方としては最低ですね。
基本は炭水化物が消化吸収されるのを阻害してくれる食物繊維からです。

 

血糖値を下げる食べ方の理想の順番

1、野菜やきのこ、海藻など
2、魚や肉など
3、ご飯やパンなど

 

毎回は難しいかもしれませんが、できるだけ守ることが血糖値を下げる食べ方につながります。
またどうしても毎食そんなことを考えるのは面倒だという人は、
食前に食物繊維が入っているサプリを飲んでから食べるという食べ方も下げるのに有効です。
(私も実はサプリをとるこの方法が一番楽だと思っています。)

 

さらに、調理をする際は酢やオリーブオイルも意識すると良いです。
この二つにも急激に上昇するのを防ぐ効果があるので、血糖値を下げることにもつながります。

 

サプリや運動、ホルモン、お茶などももちろん大切ですが、
血糖値を下げる食べ方もできるだけ毎日行いたいですね。

 

血糖値を下げるお茶や薬って?

血糖値を下げるお茶って?
生活習慣病である糖尿病

 

厚生労働省の調べによると患者数、予備軍を含めその総患者数は

 

316万6,000人にものぼります(平成26年)

 

これはもはや身近な病気の一つとも言えます

 

糖尿病は血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響を及ぼす病気です。

 

代表とするものに3大合併症の網膜症、腎症、神経障害があります。
それに加えて心筋梗塞、脳卒中などが合併する可能もあります。
血糖値を下げる
血糖値を下げるものとして、食品、飲料、薬などがありますが、
近年糖尿病患者の増幅に伴い、急速に研究が進み、様々な種類が存在しています。

 

血糖値を下げる食品は魚介類、野菜や果物など、一般にヘルシーと言われているものです。

 

料理の仕方によっても効果を得られない場合がありますので、砂糖、油などは多用しないようにしましょう。
そして、果物には逆に血糖値を上げてしまう物もあるので、食品成分表などで調べることをお勧めします。

 

飲料はお茶に、血糖の上昇を穏やかにする効果が確認されているものが多いです。
特に最近では特定保健用食品(トクホ)として、血糖値を気にする方用の飲料も市販されています。

 

血糖値を下げる

もちろん、緑茶やほうじ茶などにも血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。

 

糖尿病の薬には、様々な種類があり、患者の身長体重など基本的なデータを参考にするほか、
運動量や食事量によっても処方する薬の内容は変わってきます。

 

医師や栄養士と相談し、自分に合った改善法を探してみましょう。
血糖値を正常の範囲に戻し、健康的な生活を送りましょう。

 

 

 

血糖値下げるサプリおすすめの成分は

 

血糖値を下げる

血糖値下げるサプリに含まれる成分としては、人参サポニンは代表的なもので、

その優れた作用は古代の昔から知られています。

 

人参サポニンは、高麗人参とも呼ばれるオタネニンジンの根の部分に含まれ、
正確にはジンセノサイドと呼ばれています。

 

実際には非常に多くの種類がありますが、良質な高麗人参サプリを使う場合には、
ジンセノサイドの働きによって血糖降下の作用が顕著になります。

 

漢方では滋養強壮を目的にして、体力が弱った人に対して使うことが多いのですが、
飽食の現代人の血糖値下げるためにも有効なことになります。

 

血糖値下げるサプリの成分としては、食物繊維も重要な役割を担っています。
血糖値を下げる
現在の研究では、食事中には野菜や根菜などから多くの食物繊維を摂取すれば、
糖質の吸収が穏やかになることが分かっています。

 

この原理を応用して、食前に食物繊維のサプリを利用すれば、
食後の血糖値上昇を穏やかにすることができるのです。

 

普段から野菜不足が深刻な人にとっては、食物繊維サプリは救世主になる存在でもあります。

 

血糖値を下げる

血糖値下げる成分では、キノコに多く含まれるβグルカンも有名で、

今ではサプリの原料としても使われています。

 

普段の食事でキノコの料理を食べる機会が少ない人にとっては、このサプリは非常に役立つものです。

 

βグルカンも食物繊維の一種として考えることができますが、
肉食が中心の現代人にとっては不足しやすいですから、バランスを考えて摂取する必要があります。

 

 

血糖値が高いと何が悪いの?考えられる病気のリスク

 

糖尿病は血糖値が高いことが影響して発生する病気ですが、血管の問題でもあるため、
影響は全身に広がる特徴を持っています。
血糖値を下げる
食事の内容が高脂肪で糖質も過剰になっていれば、インスリンの働きは徐々に鈍くなっていきます。
糖尿病は飽食の習慣が定着した現代においては、昔とは比較にならないほどに患者が増加しているため、
総合的な対策で予防する必要があります。

 

血糖値が高い状態に変化すれば、血管が傷つきやすくなるため、病気のリスクは確実に高まります。

 

最初の段階では自覚症状がないのですが、血管には確実に影響が及び、
そのままにしておけば合併症を引き起こす可能性が出てきます。

 

血管を介する形で、内臓や眼にも影響を与えることがあるのですから、
対処せずに放置すれば大変なことになります。

 

糖尿病によって引き起こされる病気には、腎臓病や動脈硬化などがありますが、
どれも発症すれば厳格な食事制限を行う必要があります。
血糖値を下げる
糖尿病によって腎臓病の問題が悪化する場合には、やがては人工透析を行わなければいけないことがあります。
そのために最悪の状態になる前に、血糖値が高い状態は回避しなければいけません。

 

糖尿病のリスクを軽減するためには、日頃から適度な運動をして、インスリンの働きを強くすることが有効です。
食事では野菜や海藻などを多くして、糖質の吸収を穏やかにすることが大切です。

 

甘い飲み物も控えめにして、生活のリズムも整えるようにすれば病気のリスクも軽減します。
血糖値を下げる

 

血糖値が高い人が血糖値下げるために最善の方法とは

 

血糖値高い状態が続くと、糖尿病になってしまうリスクは非常に高くなってしまいます。

血液の状態が悪いわけですから、糖尿病の他にも動脈硬化や血管が詰まってしまう

 

狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった病気の心配もあります。

 

そうなるまえに血糖値が高い状態を改善する必要があります。

 

血糖値下げる効果的な方法は、血中の糖をエネルギーとしてどんどん消費してしまうことと、
糖分を摂りすぎないようにするという方法があります。

 

血糖値を下げる

この運動と食事をうまく組み合わせて生活習慣を改善していけば、

血糖値下げることができ、病気のリスクも減らすことができますし、
薬を服用しなければならない状態にならないようにすることができます。

 

まず適度に身体を動かすことが血糖値を下げるには大切なことなのですが、
運動といってもランニングなどのハードなことをする必要はありません。

 

運動不足の人が張り切ってハードなことをしてしまうと、
逆に膝や腰などを傷めてしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

まずはストレッチやウォーキングなど身体に負担が少ないことから始めても十分効果があります。
血糖値を下げる
ストレッチで筋肉を伸ばしたり、ウォーキングをすれば、代謝をアップすることができるので、
糖質をエネルギーとして消費することができ血糖値下げることができます。

 

そして炭水化物の量を減らしたり、野菜を多くした食事を組み合わせることで
自然と血糖値下げることができるでしょう。

 

ただし忙しい毎日を送る人にはサプリメントで補うことをおすすめします
血糖値を下げる

 

血糖値を下げる運動はどうすればよい?

血糖値を下げる運動には具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?
またどのくらいの頻度、期間行えばよいのでしょうか?

 

まず、運動によって血糖値がさがる理由から調べてみました。
運動には酸素を燃焼材料とし、体脂肪を燃焼させて使う「有酸素運動」と、
筋肉に貯めてあった糖質を主原料として使う「無酸素運動」があります。

 

血糖値を下げる運動として有効なのは、「有酸素運動」です。
その理由としては、「有酸素運動」では、たくさんのエネルギーを使うのですが、
その元となるのがブドウ糖です。
そのブドウ糖が消費されることにより血糖値を下げる(上昇するのを防ぐ)ということです。
また、インスリンの働きがよくなるので、ブドウ糖が細胞に取り込まれやすくなるというメリットがあり、
血糖コントロールも改善される可能性があります。
血糖値下げる 運動

 

有酸素運動の例

・軽いジョギング、ウォーキング、サイクリング、エアロビクス、エアロバイク、ゆっくりした水泳、水中歩行など

 

また回数などの目安は、年齢や状態などによって変わってきますが、
基本的には週に3日から5日程度、1回30分〜1時間となっています。
(20分以上の継続が必要です。)

 

血糖値を下げる運動をするタイミングについてですが、
良いとされているのが食事の後(30分後から1時間後にスタート)です。
血糖値は食事の後に急激に上昇しますが、運動によって下げることができます。

 

血糖値を下げるのに運動は有効ですが、例えば糖尿病の合併症がある場合など、
リスクとなってしまう時もあるので、不安な方は一度医師に相談のうえ行ってくださいね。
また、血糖値を下げる食べ物や飲み物、サプリなどとうまく組み合わせていくことも大切ですね。

 

血糖値を下げるホルモンについて

血糖値を下げるホルモンはどれでしょう?またどのような働きがあるのでしょうか?

 

血糖値を調節しているホルモンは体の中には数種類存在しています。
上げるホルモンはいくつかあるのですが、血糖値を下げるホルモンは
たった一種類しかなくて、それが、インスリンです。
血糖値 下げる ホルモン

 

なぜ血糖値を下げるホルモンが、上げるものに対して数が少ないかというと、
人間の昔からの進化の過程が関係していると考えられています。

 

人間は大昔、現代と違って、安定的な食事を摂ることができない時代が
長く続いていました。そのため飢餓状態になった時に生き抜くために
上げるホルモンがたくさん存在している
と考えられています。
そして血糖値を下げるホルモンはほとんど必要なかったため、1種類しかありません。

 

この血糖値を下げるホルモンのインスリンですが、すい臓の働きによって作られています。
食事をした後にこのホルモンが速やかに働いてくれて
血糖値が急激に上昇するのを防いだり、下げたりしてくれます。

 

しかし毎日の生活で大量の食事をとっていると、
常にすい臓が働き続けなくてはならなくなって、少しずつ弱っていき、
血糖値を下げるホルモンの分泌が少なくなっていきます。

その結果、最悪な場合は常にあがっている状態になってしまい、糖尿病へとつながっていくのです。

 

できるだけそうならないように、日々の血糖値を下げる食べ物、
お茶や下げる運動を意識したり、下げるサプリを摂っていきたいですね。

 

 

 

当方おすすめのサイトです

参考にどうぞ